憧れのhublotの時計を手に入れました

知名度を上げていったウブロの成り立ち

1979年にイタリア人が創業したブランド名は、フランス語で船画面の採光用の小窓である舷窓を意味しているということです。
創業翌年の1980年には、バーゼルデビューを果たしたということで、ゴールドケースとラバーベルトの組み合わせは、当時非常に斬新なデザインで、業界には大きなインパクトを与えました。
しかしそれと同時に異端扱いされることも多かったようです。
その理由は高級時計といえば当時はメタルブレスレット、もしくは革ベルトが主流だったからです。
その後イタリアのファッション業界を中心に支持を広げて行ったものの、次第に経営が困難な状況に直面して行きます。
そのような中2004年に新しい人物が就任し、2005年にはコンセプトに融合を掲げて、異なる素材の組み合わせであるビッグバンシリーズを発表したのです。
これを皮切りにしどんどん大きく知名度を上げていくことになります。
コンセプトが融合であることから、セラミックやチタンなどといった、時計に扱うには考えられなかったような素材や、独自開発した素材などを積極的に採用していき、様々なバリエーションのラインナップを紹介していきます。
世界的に時計ブームも始まり、これが追い風となり、先進性や独創性のような象徴となっていきました。

兄がつけていたウブロ。。。いつか自分も : 知名度を上げていったウブロの成り立ち : 社会人6年目やっと憧れの腕時計を購入

hublot【HUBLOT】限定モデル